久屋大通発展会
HOME > イベント案内 > 名古屋ShakeOut -3分でできる防災訓練-
第9回 名古屋ShakeOut
参加方法
本年度は、9月11日に各自、その場でShakeOut訓練を実施することと致します。
例年実施している事前説明会、ShakeOut訓練後の防災訓練、成果報告会は、新型コロナウィルスの状況をかんがみ中止と致します。
9月11日当日に、訓練用のメールを発信致しますので、参加希望の方は下記申し込みフォームよりメールアドレスをご登録ください。
参加申込
名古屋ShakeOutに参加される方は、下記フォームからお申し込みください。
お名前(必須)
e-mail(必須)
e-mail[確認用](必須)
日程案内
「第9回 ShakeOut訓練」
日時 2020年9月11日(金)14:00〜
場所 今いる場所
内容 中区・東区で最大震度6強が危惧される南海トラフ巨大地震の発生を想定し、各自ShakeOut訓練を実施
登録頂いたメールアドレス宛てに、訓練用のメールをお送りします。
14時に各自の場所で、ShakeOut訓練の実施をお願いします。
訓練実施後、ShakeOutの公式Facebookへ感想をつぶやいて頂けますようお願い致します。
命を守る3ステップ
命を守る3ステップ
1. じゃがむ (DROP)
2. かくれる (COVER)
3. まつ (HOLD ON)

地震による人的被害の多くは、家具等の倒壊、落下物等による負傷です。 姿勢を低くして、落下物から身を守れる場所に隠れます。机など隠れる場所が無い場合は、鞄など手近にあるもので頭部を保護します。 そのまま、揺れが収まるまで待ちます。
特別協賛
■公益社団法人 愛知県宅地建物取引業協会 名城支部
主催
■NPO法人久屋大通発展会

■名古屋ShakeOut 実行委員会
構成団体: 栄東まちづくりの会・栄ミナミ商店街連盟・栄中部を住みよくする会・錦三丁目(錦三)地区の都市景観をよくする会・栄地区地下街等防災協議会・公益社団法人名古屋青年会議所・認定NPO法人レスキューストックヤード・名古屋ひがし防災ボランティアネットワーク・なごや防災ボランティアネットワークなか・久屋町自治会
協力: 名古屋市・中区役所・東区役所・中土木事務所・東土木事務所・中消防署・東消防署・中警察署・東警察署・一般社団法人名古屋建設業協会・なごや防災ボラネット
連携自治体: 美濃加茂市
本訓練はShakeOut提唱会議事務局(東京)と連携し実施します。 ShakeOut(シェイクアウト)は、2008年、防災関係者らの発案でスタートした米国最大の防災訓練です。 2011年10月20日に、米カリフォルニア州全域とオレゴン州、ネバダ州などで行われた『The Great California ShakeOut』には過去最高となる計950万人が参加しました。 日本では2012年3月9日に千代田区で学校・企業等の参加による国内初の日本版シェイクアウト訓練が実施され、今年度も各地で実施される予定です。

Copyright© 2020 Hisaya Oodori Hattenkai All Rights Reserved.